お呼ばれの服装って難しいのよ。

28歳でOLだった時、友人の結婚式と披露宴にお呼ばれした時の服装に悩んだ思い出があります。
友人から送られきた招待状には、ドレスコードに普段着でと書いてありました。
どうやら友人としては、かしこまった式ではなく、アットホームで和やかな雰囲気のホームパーティー的な感じで行いたいという気持ちがあったようです。
そのため、そのドレスコードには、通常の結婚式のようなかしこまった服装ではなく、普段着で気軽に来て下さいという意味が込められていたようです。
しかし、私としてはそれがより難しく思えました。
本当の普段着であるTシャツやGパンではさすがに式にはふさわしくないだろうと思ったのです。
かと言って、キチンとし過ぎる服装では、場の雰囲気から浮いてしまうかもしれないと思いました。考えれば考える程、どれぐらいの普段着具合にすればいいのかがわからなくなってきました。

結局、通常の結婚式にも参加できるぐらいの、ベーシックな結婚式 お呼ばれ ワンピースを着ていくことにしました。
そして当日、緊張しながら会場に行くと、他の人もかなり色々迷ったのが伺える服装でした。
ある人は、しっかりと振袖を着ていた人もいますし、本当に友人宅に遊びに行く感じの服装の方もいました(*_*;
結局、服装にバラツキが出てしまい、よかったのか悪かったのかといった雰囲気となっていました。
よかれと思って設定したドレスコードが、招待者を惑わせることになってしまったようです。結婚式のドレスコードは、なかなか難しいものがあるなと感じた出来事でした。